読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛穴の黒ずみは洗顔で解消!正しい方法でいちご鼻対策

鼻や頬の黒いぼつぼつ毛穴に悩んでいませんか?毛穴の黒ずみを取る洗顔についてお伝えしています。ちょっとした習慣と工夫でいちご鼻は治ります!たるみ毛穴、開き毛穴、黒いぼつぼつ毛穴、それぞれの原因と対策を知り、毛穴レスな赤ちゃん肌になりましょう!

鼻の毛穴が黒いのは産毛が原因?!抜く?そる?治る?

鼻の黒ずみが気になって鏡をよーく見てみたら・・・

 

あれ?産毛が生えてる?しかも黒い!!

 

ビックリしましたよ。

 

毛穴の汚れかと思ったら産毛だったなんて。

 

洗顔してもクレンジングしても黒いのが取れないハズです。

 

だって毛ですから・・・

 

でもどうやって処理するのか迷いませんか?

 

抜くのがいいのか?そるのがいいのか?

 


鼻の産毛は抜いてもい?

 

産毛をよく見るとわかりますが短くてピンセットでは抜けません。

 

これを無理に抜こうとすると毛穴を傷つけ広げる原因になってしまいます。

 

では産毛をそるのはどうかというと・・・

 

産毛だけをそることは難しくまわりの皮膚も一緒にそってしまうので

 

肌がこすれ黒ずみの原因になってしまいます。

 

あと小鼻はカミソリがうまく当たらず力が入るわりには

きれいにそることは難しいです。

 

抜くのもそるのも肌や毛穴への負担を考えると

おすすめできる方法ではありませんね。

 

じゃーいっそのこと強力な毛穴パックで

毛穴の汚れごとバリッと引っこ抜いちゃえ!

ってなりますよね。

 

即効性の高い毛穴パックは手軽だし緊急時のお助けアイテムとして

活用している方も少なくないですね。

 

しかし!角栓を無理やり引っこ抜く方法は

毛穴に強烈なダメージを与えるため黒ずみが取れるのは一瞬で

ぱっくりひらいた毛穴にどんどん汚れが入り込み

毛穴が開いたりたるんだりしてしまうという悪循環になります。

 

 

f:id:gonmomoko:20170423124446j:plain

 

それに鼻の毛穴が黒いのは産毛のせいだけではないんです。

 

実は産毛が生えているだけでは

毛穴の黒ずみは気になることはほとんどありません。

 

ではなぜ鼻が黒ずんで見えるのかというと

 

産毛に皮脂や角質、アカやほこりなどが混ざって

角栓を作り出しているからなんですね。

 

なので産毛を抜くよりもまず毛穴の角栓を取り除く必要があります。

 


毛穴の角栓をとるには?

 

黒ずみの原因は毛穴の汚れや角栓なので

その角栓を取り除くことで黒ずみは消えていきます。

 

それにはやはり毎日のスキンケアが重要になりますね。

 

中でも洗顔は非常に大切です。

 

 

角栓を取り除く正しい洗顔方法

 

角栓は毎日の洗顔で取り除くことができます。

 

①洗顔する前に毛穴を開く

 

湯船につかっていますか?

洗顔をする前に毛穴を開いておくと

毛穴の中に詰まった汚れが取れやすくなります。

 

湯船につかる時間がないという場合、

濡らしたタオルをレンジでチンして蒸しタオルをつくり

顔に当て毛穴を広げましょう。

 

②固いたっぷりの泡をたてる

 

洗顔する時に泡を立てていないと手との摩擦で肌や毛穴に負担がかかります

 固い泡をしっかりたてて、毛穴の汚れを吸着させ取り除きます。

 少し時間をかけて優しく洗います。

 

③しっかりとすすぐ

 

洗い残しやすすぎ残しはまた新たな角栓を生み出します。

洗顔料が残らないようにぬるま湯で何度もすすぎます。

 

④保湿をして毛穴をとじる

 

洗顔後は化粧水や乳液でしっかりと保湿をしましょう。

 この時に収れん化粧水を使うと毛穴を閉じる作用があるので

ほこりや汚れが毛穴に入り込むのを防げます。

 

 

鼻がブツブツ黒いことに悩んでいるなら

 

産毛を処理する前にまずは洗顔方法を見直してみてくださいね。

 

鼻の毛穴が黒いのは産毛が原因?!抜く?そる?治る?

鼻の黒ずみが気になって鏡をよーく見てみたら・・・

 

あれ?産毛が生えてる?しかも黒い!!

 

ビックリしましたよ。

 

毛穴の汚れかと思ったら産毛だったなんて。

 

洗顔してもクレンジングしても黒いのが取れないハズです。

 

だって毛ですから・・・

 

でもどうやって処理するのか迷いませんか?

 

抜くのがいいのか?そるのがいいのか?

 


鼻の産毛は抜いてもい?

 

産毛をよく見るとわかりますが短くてピンセットでは抜けません。

 

これを無理に抜こうとすると毛穴を傷つけ広げる原因になってしまいます。

 

では産毛をそるのはどうかというと・・・

 

産毛だけをそることは難しくまわりの皮膚も一緒にそってしまうので

 

肌がこすれ黒ずみの原因になってしまいます。

 

あと小鼻はカミソリがうまく当たらず力が入るわりには

きれいにそることは難しいです。

 

抜くのもそるのも肌や毛穴への負担を考えると

おすすめできる方法ではありませんね。

 

じゃーいっそのこと強力な毛穴パックで

毛穴の汚れごとバリッと引っこ抜いちゃえ!

ってなりますよね。

 

即効性の高い毛穴パックは手軽だし緊急時のお助けアイテムとして

活用している方も少なくないですね。

 

しかし!角栓を無理やり引っこ抜く方法は

毛穴に強烈なダメージを与えるため黒ずみが取れるのは一瞬で

ぱっくりひらいた毛穴にどんどん汚れが入り込み

毛穴が開いたりたるんだりしてしまうという悪循環になります。

 

 

f:id:gonmomoko:20170423124446j:plain

 

それに鼻の毛穴が黒いのは産毛のせいだけではないんです。

 

実は産毛が生えているだけでは

毛穴の黒ずみは気になることはほとんどありません。

 

ではなぜ鼻が黒ずんで見えるのかというと

 

産毛に皮脂や角質、アカやほこりなどが混ざって

角栓を作り出しているからなんですね。

 

なので産毛を抜くよりもまず毛穴の角栓を取り除く必要があります。

 


毛穴の角栓をとるには?

 

黒ずみの原因は毛穴の汚れや角栓なので

その角栓を取り除くことで黒ずみは消えていきます。

 

それにはやはり毎日のスキンケアが重要になりますね。

 

中でも洗顔は非常に大切です。

 

 

角栓を取り除く正しい洗顔方法

 

角栓は毎日の洗顔で取り除くことができます。

 

①洗顔する前に毛穴を開く

 

湯船につかっていますか?

洗顔をする前に毛穴を開いておくと

毛穴の中に詰まった汚れが取れやすくなります。

 

湯船につかる時間がないという場合、

濡らしたタオルをレンジでチンして蒸しタオルをつくり

顔に当て毛穴を広げましょう。

 

②固いたっぷりの泡をたてる

 

洗顔する時に泡を立てていないと手との摩擦で肌や毛穴に負担がかかります

 

固い泡をしっかりたてて、毛穴の汚れを吸着させ取り除きます。

 

少し時間をかけて優しく洗います。

 


③しっかりとすすぐ

 

洗い残しやすすぎ残しはまた新たな角栓を生み出します。

 

洗顔料が残らないようにぬるま湯で何度もすすぎます。

 

④保湿をして毛穴をとじる

 

洗顔後は化粧水や乳液でしっかりと保湿をしましょう。

 

この時に収れん化粧水を使うと毛穴を閉じる作用があるので

ほこりや汚れが毛穴に入り込むのを防げます。

 

 

鼻がブツブツ黒いことに悩んでいるなら

 

産毛を処理する前にまずは洗顔方法を見直してみてくださいね。